Duelパートナー法律事務所

債務整理 住宅ローン 通らない

債務整理をすると信用情報機関へ事故情報として登録されます。

これを一般的にブラックリストに載るといいますが、
この状態だと新しく住宅ローンに申し込んでも審査には通らないので組めません。

住宅ローンの審査では必ず信用情報を確認し、
他にも年齢・勤務先・勤続年数・収入・完済予定時期の年齢・頭金
などをあわせて確認します。

事故情報があるからといって、
必ずしも通らないわけでもないですが、ただかなり難しくなるのは事実です。

また、他の人の住宅ローンの保証人になることも難しいです。

信用情報に事故情報が登録される期間は同じでも、
任意整理と法的整理で違い、任意整理だと大体完済してから5年間、
自己破産・民事再生などだと裁判所での手続きが終わってから大体5年から10年です。

CIC/JICCだと免責許可・認可決定から5年間で、
全銀協だと免責許可確定・認可の官報掲載から10年間とされます。

事故情報が登録されているかは、
自分でも確認が可能で各機関から記録を取り寄せることが出来ます。
 

債務整理 住宅ローン 借り換え

また、借り換えも借り換え先の金融機関にとっては、
新規の借入になるのでその金融機関の審査を受けることになります。

審査は、個人信用情報を照会し、
ここに事故情報の記録が残っている限りは
借り換えの審査には通りません。

この事故情報が載っている状態が
いわゆるブラックリストに載ると言われているもので、
既出の通り、大体5年から10年は消えません。

ただ、この期間を過ぎると情報は削除されるので、
借り換えをするつもりでも最低でも5年から10年は待つ必要があります。

住宅ローン借り換えは審査に通らないと利用出来ません。

審査基準は担保価値・契約者の債務状況と
収入・職業・勤務先・勤続年数・過去の返済履歴などが重視されます。

借り換えで融資を受ける時に、物件の担保価値より融資の金額が高くないと、
今借りている住宅ローンの完済が出来ません。

融資額より担保価値の方が低いと、その分担保価値以外の審査基準も厳しくなります。
 

債務整理 住宅ローン いつから

このように、債務整理をすると
信用情報機関に事故情報が登録されるので、
手続きをして返済を終えてから5年から10年間は住宅ローンを組んだり、
新規にクレジットカードを作ったりすることが出来なくなります。

また、配偶者とのペアローンの審査もこの期間は通らない可能性が高いですが、
保証人でない配偶者の信用情報には影響はありません。

信用情報は住宅ローンなどの審査で金融機関が照会する情報で、
原則本人の同意がないと確認はできないため
事故情報やローンなどがここから家族や会社に知られる心配はないです。

整理をして完済後に、5年から10年経過すると
情報は削除されて新しく住宅ローンを組めます。

自分の信用情報は個人でも確認可能で、
残っているか知りたいときは調べておくといいです。

また、配偶者名義なら保証人でないなら
信用情報にも記載されないので、ローンの審査が通る場合もあります。
 


アヴァンス法務事務所 債務整理

 

ご挨拶

サイト管理人のカナコです。
独身時代、法律事務所に勤務していました。
債務整理のご相談を主に扱っていました。
もっと早くにご相談いただければ・・・、と思うことも多々。
もどかしい思いもしました。
そのときの経験も踏まえて債務整理についてまとめてみました。
お役に立てれば幸いです。


エストリーガルオフィス

【司法書士法人杉山事務所】
© 2021 債務整理メモ rss