Duelパートナー法律事務所

債務整理 クレジットカード 使える

債務整理をすると通常はブラックリストになるので使えなくなりますが、
任意整理の場合は残したいカードだけ手続きから外すことで
そのカードを残すことは出来ます。

ただし、個人再生自己破産だと全ての債務が対象なので残すことは出来ません。

手続きから外せば暫くはクレジットカードも使えますが、
カードの更新がきたときに信用情報を確認するため、
更新が出来ず停止になる可能性は高いです。

他にも更新が来る前に、
カード会社が独自に信用情報を調べて使えなくすることもあります。

他にもカードを暫く使えても、
それでキャッシングなどを繰り返すリスクもあり、
整理後に使い過ぎに注意していても
返済が楽になってくると買い物や現金が足りないからといって借りてしまい、
また借金が増えて返済に困ることが多いです。

残したカードも後から任意整理をすればいいのではと思いますが、
任意整理だと利息を減らすことはできますが、
借りた元金自体は減らないので借金が増えれば返済の負担も増えます。

カードを残したせいでまた借金が増えるなら意味がなく、
折角整理をしても振り出しに戻ります。
 

債務整理 クレジットカード いつから

弁護士に債務整理を依頼すると、
その弁護士は各クレジットカード会社に依頼を受けたことを報告します。

報告を受けたクレジットカード会社は
『信用情報機関』と言うところにこの事実を報告します。

この状況になることを『金融事故』と呼び、
『信用情報機関』が登録する情報は『事故情報』と呼ばれます。

いわゆる、『ブラックリストに載る』という状況です。

この『事故情報』には過去の債務状況や延滞状況などが含まれています。

そして、多くのクレジットカード会社が
この『信用情報機関』に記載されている情報をもとに、
カードを発行するか否かを検討するため、この情報が消えるまでの間は
カードが作れなくなってしまうということになります。

いつからクレジットカードを再発行できるかというと、
理屈的には事故情報データの消える任意整理なら完済日から5年
自己破産なら完済日から10年です。

ですが、この時事故情報とともに取引データも消えてしまいます。

現在、高校から卒業したばかりの人かよほどの高齢者でもない限り、
全くどこのクレジットカード会社とも一切取引したことがない、
と言う人はほとんどいません。

従って、『全く取引データはない』と言うことが、
逆に『債務整理を行った人である』、
と言う証拠になってしまうともいえるのです。

また、『事故情報』は一定の期間が過ぎると消えますが、
『官報』と呼ばれる破産や相続等の裁判内容が掲載される、
国が発行している新聞からは永遠に情報が消えることはありません。

以下のカードは、
『官報』を参考にカードの発行を決定しているため、
5年後も10年後も、カードの発行はできません。

『エポスカード』『オリコ』『クレディセゾン』
『JCB』『セディナ』『三井住友』『三菱東京UFJ』『ライフカード』

上記のカードを発行することは不可能ですので、
他の会社で発行するしかないのですが、
まず、全く取引経験のない会社であれば、
事故データが消えた後にカートを発行してもらえる可能性はあります。

債務整理 クレジットカード 審査

ただし、前述のように『取引データが一切ない』
という情報は知られてしまいますので、
まずは信頼を得る(返済能力がある)ことを証明することが必要です。

勤続年数が長いことや居住年数が長いこと、
年収が高いことはカードの審査において有利になります。

また、携帯電話の機種変更による代金の支払いも信用を築く方法のひとつです。

携帯電話の機種変は現代では当然のことですし、取引データとして残ります。

機種変ならば審査も厳しくないため、
整理後にクレジットカードを再発行したい場合の
信頼を築く方法として最適と言えます。

5年や10年と言うと、とてつもなく長い時間に思えますが、
借金の問題は必ず解決できる問題ですので、
まずは完済し、その後少しずつでも信頼を築いていけるようにしましょう。


アヴァンス法務事務所 債務整理

 

ご挨拶

サイト管理人のカナコです。
独身時代、法律事務所に勤務していました。
債務整理のご相談を主に扱っていました。
もっと早くにご相談いただければ・・・、と思うことも多々。
もどかしい思いもしました。
そのときの経験も踏まえて債務整理についてまとめてみました。
お役に立てれば幸いです。


エストリーガルオフィス

【司法書士法人杉山事務所】
© 2021 債務整理メモ rss