Duelパートナー法律事務所

債務整理中 借入

債務整理中でも新たに借入が出来るかですが、
借金は法律的に金銭消費貸借契約を結ぶことで
貸主と借主が合意してお金を貸せば成立はします。

債務を整理したからといって金銭消費貸借契約を結ぶことを禁じる法律や、
無効とする法律はないので形式的な借入は出来ないわけでもないです。

ただ、実際に金融業者などから借り入れをするのは難しいです。

貸金業者は借金の申込があると審査を行い、必ず信用情報を調べます。

債務の整理をすると信用情報へそれが事故記録として登録されて
これをブラックリストと言います。

新規にお金を借りようとしても貸金業者は審査で
ブラックリストになっているのがわかると、審査には通しません。

借金やローンの申込以外にも与信が必要なものは全て出来なくなるので、
クレジットカードの新規申し込み・携帯電話などの分割購入なども出来なくなります。

また、自己破産だと破産法252条1項2号の免責不許可事由になり、
任意整理・個人再生は当初の借入額と
返済可能な金額を前提に手続きをすすめていきます。

借金をしなければいけない状況だと、
返済する金額も増えて元々返済が出来なくなっていて
今度は自己破産にしないといけなくなります。
 

債務整理中 カード作れた

通常は債務整理中だったり、した直後だったりした場合は、
新規のクレジットカードの申込をしても審査に通りません。

クレジットカード会社は審査で信用情報機関のデータベースを照会してから
申込者の信用情報を確認し、申込者がブラックだと大体はカードの審査には落ちます。

事故情報がデータベースから削除されるまで5年から10年続くため、
整理をしている最中やした後でもカードの作成は難しいです。

ただ、稀ですが今の収入や返済能力で、整理している途中や
返済後でもカード作れたという人もいます。

ブラック状態が5年から10年は目安で、
カード会社によりそれより短い期間で審査に通ることもあります。

ブラックでもクレジットカードが作れるかは、
それぞれのカード会社の方針で違い
審査が甘いカード会社があったらまずは申し込んでみるといいです。

また、弁護士に債務の整理を依頼したら、債権者との交渉中や借金の返済中で
新たにクレジットカードの申込や借入をすることは契約違反事項に該当します。

契約違反をしたことがばれると、
弁護士に契約を解除されて手続きが中断されたり、
債権者との和解内容も無効になります。
 

債務整理中 車ローン 組めた

一般的に債務整理中だと車ローンも組めないことが殆どですが、
中には組めたという人もいます。

これは比較的審査が甘い自社ローンのことで、
これは中古車販売店が独自の審査基準を設定していて
審査に通りやすくなってます。

販売店が支払い能力があると判断するだけで
信用情報の確認はしないで中古車の購入が出来ます。

債務整理している途中やクレジットカードの支払いの滞納などで
ブラックリストに入った人でも審査が通ることがあります。

新車は難しいですが、中古車なら購入できるかもしれないので
まずは販売店に相談するといいです。

他にも年収・勤続年数・雇用形態なども
審査の基準としてない中古車販売店もあります。

自社ローンは債務整理をしている途中でも信用情報が確認されないので
審査には通りやすいですが、自社ローンが完済するまでは
中古車販売店の所有物扱いなので、
支払いが滞ってしまうと車を取り上げられる可能性はあります。

支払いが出来ない、遅れるときは事前に店へ相談すれば
臨機応変に対応してもらえる場合もあるので、相談したほうがいいです。
 


アヴァンス法務事務所 債務整理

 

ご挨拶

サイト管理人のカナコです。
独身時代、法律事務所に勤務していました。
債務整理のご相談を主に扱っていました。
もっと早くにご相談いただければ・・・、と思うことも多々。
もどかしい思いもしました。
そのときの経験も踏まえて債務整理についてまとめてみました。
お役に立てれば幸いです。


エストリーガルオフィス

【司法書士法人杉山事務所】
© 2022 債務整理メモ rss