Duelパートナー法律事務所

債務整理 ブラックリストに載らない

債務整理をしてもブラックリストに載らない方法はないのかと
感じるかもしれませんが、原則債務整理の、
任意整理・自己破産・個人再生をするとブラックリストに載ります。

これは債務整理自体が債権者の返済が難しい場合に行う手続きなためで、
返済が出来ないことが事故情報としてみなされて、ブラックリストの対象になります。

債権者側からすると返済がされないことは信頼できないと捉えるのです。

債券者は貸したお金は全て回収したいのが当然ですから、
返せないときにリスクがあるのは債務者にあるのが当たり前です。

そのリスクが債務整理をしたときにブラックリストに載る事です。

出来れば避けたいものですが、こればかりは仕方がありません。

借金を返済しやすくなり、または完済させることが利点ですが、
デメリットとしてブラックリストに載ります。

載りたくなければそのまま返済をするしかないですが、
大体は返済に困って法的手段をとるので
既に長期滞納などでブラックリストに載っているので、
それならあまり関係ないかもしれません。
 

債務整理 ブラックリスト 解除

債務整理をすると必ずブラックリストに載って、
クレジットカードや新たなローンの利用などが出来なくなります。

いつ解除されるかは、どの手続きをしたかで違います。

任意整理は完済から約5年、個人再生は約5~10年、自己破産:約5~10年です。

インターネットでは早く消す方法などがあったりしますが、
期間を早める方法はないので
この期間が過ぎてリストから消されるのを待つしかありません。

手続き以外にも個人信用情報機関によっても期間が違うので、
削除されたか気になるときはそれぞれの機関に問い合わせするしかありません。

ブラックリストは借金の返済を滞納した時や
クレジットカードの審査に落ちた場合も登録されます。

任意整理と個人再生は手続きが終了しても返済は続くので、
手続き後に返済が滞るとまた新たに事故情報が登録されるので注意です。

いつブラックリストに載るかですが、
任意整理は受任通知を送付した日、
個人再生は再生手続き開始決定日、
自己破産は免責許可確定日です。

ただ、個人信用情報機関に事故情報の登録依頼をするのは貸金業者で、
任意整理だと業者により任意整理後の返済も
事故の一部として登録を依頼することもあります。
 

債務整理 ブラックリスト 住宅ローン

債務整理をすると事故情報として
個人信用情報機関に登録されてブラックリストになります。

すると住宅ローンやクレジットカードで新規に申し込んでも
審査に通らないので利用が出来なくなります。

ただ、一生組めないわけではなく、
一定期間が過ぎれば事故情報は消えるのでそのあとなら申込は可能です。

また、任意整理で発生した過払い金の返済額によっては
事故情報に載らないこともあります。

債務整理の方法でブラックリストの掲載期間が違うので、
予めどれくらいの期間掲載されるかも確認したほうがいいです。

過払い金は消費者金融などの貸金業者に払い過ぎていた利息のことで、
発生していたら返還を要求して取り戻すこともできます。

完済してからの過払い金請求ならブラックリストに載ることはなく、
現在返済中でも過払い金で借金がゼロになればブラックリストに載りません。

ただ、借金総額から過払い金を差し引いても借金が残る場合は、
ブラックリストに載ります。
 


アヴァンス法務事務所 債務整理

 

ご挨拶

サイト管理人のカナコです。
独身時代、法律事務所に勤務していました。
債務整理のご相談を主に扱っていました。
もっと早くにご相談いただければ・・・、と思うことも多々。
もどかしい思いもしました。
そのときの経験も踏まえて債務整理についてまとめてみました。
お役に立てれば幸いです。


エストリーガルオフィス

【司法書士法人杉山事務所】
© 2022 債務整理メモ rss